Q&A/staff

こちらでは新入生の皆さんから受ける質問にお答えしています。(スタッフ編)
※MGはマネージャー、TRはトレーナーを表しています。

Q 体育会サッカー部に入ろうと思ったきっかけ(もしくは決め手)は何ですか?

A1. 決め手は先輩方のチームに対する姿勢でした。上手くなるために、ピッチ内でもピッチ外でも、とことんより高いレベルを追い求める姿に惹かれました。(MG)

A2.せっかくやるなら真剣に打ち込むことができる体育会がよかったということが主なきっかけでした。最初は"トレーナー"と聞いた時「元々知識がある人や専攻が医療系の人でなければ入れないのではないか」と不安に感じていたけれども、実際はそうではなく壮平さん(京都大学サッカー部専属トレーナー)や先輩に教わったり自分で勉強していったりしながら活動をしているということを聞きました。自分が大学で学ぶ専門外のことではあるけれども、勉強しながらどんどん成長していきチームに貢献したいという気持ちが生まれ入部を決意しました。(TR)



Q. やりがいを感じるのはどんなときですか?

A1. 公式戦で勝ったときです。全員で努力してきて掴んだ勝利なので、本当に嬉しいですし、達成感や一体感を感じることができて、なんとも言えない気持ちになります。このチームにいれて本当に良かったなと思える瞬間です。(MG)

A2.トレーナーの仕事としてプレーヤーに対してマッサージやテーピング、筋トレの補助など様々な方向からアプローチしていき、怪我をしているプレーヤーが不安なく練習に復帰すること、試合に出場し活躍することをサポートするということがあげられます。 彼らが無事復帰し活躍した時の感謝の言葉を聞くことや試合の勝利に貢献する姿、溢れる笑顔を見届けた時が、やりがいを感じる最高の瞬間です。(TR)



Q. スタッフからみて、このサッカー部はどんなチームですか?

A1. トップチームも、そうではない選手も、もちろんスタッフも含め部員全員が全力で部活をしているチームだと思います。(MG)

A2.高校までと比べると部員の数は多いけど、それでもアットホームなチームだなって思います。それはみんなが同じ方向を向いて、みんながチームのことを思って、それぞれが純粋に、サッカーに、サッカー部に向き合っているからかなと感じています。(TR)



Q. 勉強やバイトとの両立はできますか?

A1. できます。勉強は空きコマや移動時間などちょっとした隙間時間を利用していました。サッカー部の練習はだいたい夜なので、バイトは朝にしています。わたしは高校生のとき部活をしていなかったのですが、部活をしている方がメリハリのある時間の使い方ができて、より充実した毎日を過ごせていると感じています。(MG)

A2.もちろんできます。週に25コマ近く授業が埋まっててもテストが17教科あっても単位は取れるし、バイトもオフの日にできます。いろんなことをしようとすると少々忙しいですが、要は自分次第です。逆に忙しいくらいの方が、集中できる気がします!(TR)