PLAYER Q&A 2020

こちらでは、京都大学サッカー部のプレイヤーについてより深く知ってもらうために、インタビュー形式で現役プレイヤーをご紹介します。

インタビューを受けてくれたのはこちらのお2人!

MF #7 京谷麟太郎
工学部 地球工学科
新3回生 副将
天王寺高校(大阪)出身

DF #5 田中啓史
法学部
新2回生
藤枝東高校(静岡)出身

Q1. 京大サッカー部に入った決め手は何ですか?

京谷:

高校時代にリクルーティング試合(高校のサッカー部を対象とした練習試合)をしていただき、人工芝といういい環境で大学でも本気でサッカーができることを知り、京大を目指していました。新勧イベントや練習参加する内に改めていい団体だと思って入部を決めました。

田中啓:

もともと大学でもサッカーをしようと思っていたので初めから入部すると決めていました。

 

Q2. 大学サッカーと高校サッカーの違いは何だと思いますか?

京谷:

一つ一つのプレーの強度が高校に比べて高く、また今までよりも戦術がしっかりしていて頭をより使ってサッカーをすることだと思います。

田中啓:

自由に使える時間が多いことだと思います。また、高校サッカーは選手権にピークをもっていきますが、大学サッカーは毎週のリーグ戦の重要度が高いので戦い方が変わってくると思います。

Q3. サッカーをしながらの大学生活は忙しいですか?

京谷:

忙しいですが、僕は充実感の方が大きいです。興味のある分野を勉強してサッカーもできているのは贅沢だと思っています。

田中啓:

あまり忙しくはないです。週6なので完全なオフは少ないですが、一日の中で空いている時間が多いのでそこまで時間に追われることはないと思います。

 

Q4. 京大のサッカーの魅力は?

京谷:

ピッチ内外関わらず学生主体で活動しており、自分の行動に責任を伴うと同時にやりがいをすごく感じられるところだと思います。

田中啓:

これはウィークポイントでもありますが、大きな特徴として指導者がいないことが挙げられます。全てのことを自分たちで考え、実行していくことになるのでサッカー選手としていい経験になると思います。

Q5. 最後に、大学サッカーでのこれからの目標を教えて下さい。

京谷:

チームとしては今シーズンは2部Bリーグ優勝を目指しています。それを成し遂げ、来シーズンの2部Aで強豪相手に結果を残したいと思います。

田中啓:

今年、来年とリーグで昇格して4年時に関西一部リーグで戦うことです。

お2人とも、ありがとうございました。

サッカー部に来たときはぜひお2人に声をかけてみて下さいね!