サッカー部紹介

主将の言葉
主将 新四回生 山根侑也 
サッカーにおいて試合の勝敗を決定づけるものは何だろうか。

テクニック?身体能力? 監督の采配?

もちろん、それらは試合の行方を左右する大事な要因である。では、優秀な選手と優秀な監督がいれば必ず試合に勝つことができるだろうか?

そうとも言えないのがサッカーの面白いところである。番狂わせが今日も世界のどこかで起きている。サッカーは競技特性上、あまりにも自由度が高く、それ故に複雑で、不確実で、無限の可能性を持ったスポーツだ。

勝つか負けるか分からない緊張感の中で、時には強豪相手に金星をあげて歓喜の輪を作り、時にはライバルに敗れ悔し涙を流す。日々の練習で、何がなんでも負けたくないやつがいる。切磋琢磨する仲間がいる。 大学生にもなると、これほど心を揺さぶられ、刺激的な環境は簡単には手に入らない。

大学生活では言ってみれば1日数時間の授業以外全てが自由時間である。平坦な日々を過ごすには4年間という歳月はあまりに長いだろう。

サッカーの奥深さ、その追求をたった十数年でやめるのは勿体無い。

「どうすればもっとサッカーが上手くなれるのか」

「どうすればもっとチームを強くすることができるのか」

もう一度サッカーと向き合ってみてはどうだろう。 志を共にする多くの仲間が、その答えを探しに今日もグラウンドに足を運んでいる。
スタッフの言葉
スタッフ  
大学生になるとみんなきっと、一度は悩む。自分は大学生活をどう過ごそうかと。 でもただ悩んだって、大学生活で何をしたら自分にとって一番いいのかなんて分からない。
私が思うに、きっと何をしてもいいのだろう。
そこに自分自身が本気になって取り組める環境があり、仲間がいるなら。

私は自分が真剣になれる環境として、京大サッカー部を選んだ。

京大サッカー部を一言でいうと、新しい可能性を追求しているチームだと私は思う。 京大生が"学生主体"でどれだけ競技人口の多い"サッカー"というスポーツで通用するのか。
考えるだけでもなんだかワクワクしない?

そんな学生主体のチームであり、まだ発展途上のチームだからこそ、どこの団体よりも一人一人がチームの勝利のために、主体的に部活に取り組まなければならない。 だから''いかに京大サッカー部がより良いものになっていくか"は部員一人一人の発言や行動で決まってくる。 逆に言えば、自分たちが考えて考えて動けばいくらでも良いものに変えられる。

その中でも私たちスタッフという立場は、勝利に直接貢献できないからこそ、勝利のために、常に自分にできることをより考え、より行動し、存在意義を作り出している。 プレーヤーとは単にチームにおける役割が異なるだけ。 それぐらいの気持ちで私たちスタッフは日々部活に向き合っている。


サッカー部に入ってもう2年が経つ。
いつの間にか、私にとって京大サッカー部はなくてはならない居場所になっていた。

どんなに大変なことや、辛いことがあっても、京大サッカー部が試合に勝つことは、私にとってそれが気にもならないほどの喜びであり、感動である。 もうやみつきになってしまった。 真剣に取り組んでいるからこそ得られるその"一瞬の喜び"を何度でも感じたいがために、どんなことでもやろうと思える。

新入生のみなさん、そんな居場所を京大サッカー部で作りませんか?
私たちと一緒に忘れたくない一瞬を味わいませんか?
農学部グラウンドで待っています。