Q&A/staff

こちらでは新入生の皆さんから受ける質問にお答えしています。(スタッフ編)
※MGはマネージャー、TRはトレーナーを表しています。

答えてくれたのはこの二人!

MG:村上千理(新四回生)  
TR:高松絵梨香(新四回生) 


Q 体育会サッカー部に入ろうと思ったきっかけ(もしくは決め手)は何ですか?

A1. 最初は、体育会=厳しそう、忙しそうというイメージから勝手に敬遠していました。でも元々サッカーが好きだったことから、1回だけのぞいてみようと思ってグラウンドを訪れたのがきっかけでした。来てしまったら、もうサッカー部の虜になっていました。サッカーへの熱さや真剣さ、そして素敵な人たちとの出会いに魅了され、ここで私も本気で1つのことに取り組んでみたいと思うようになりました。不安もありましたが、最後は勇気と思い切りで入部して、でも今はサッカー部を選んで本当に良かったと思っています。(MG)

A2.色々な団体を見学してみましたがなかなかピンとくる所がなく、友達の紹介をきっかけにグラウンドを訪ねてみました。プレーヤーの真剣に打ち込んでいる姿に感化され、わたしもここで活動したいと感じました。(TR)



Q. やりがいを感じるのはどんなときですか?

A1.一番のモチベーションの源は、みんなの姿です。本気で頑張っているのをいつも近くで見ているから、私も頑張ろうと思えます。そして、苦しいときや悔しいときを一緒に乗り越えていくからこそ、勝利のときの喜びは何事にも代えがたいものです。また、サッカー部は全員が主役になれる部活でもあります。「スタッフ=陰で支える」というイメージがあるかもしれませんが、サッカー部では誰もが前に立って物事を進めたり、自分の意見をチームに反映させたりするチャンスがたくさんあります。自分がチームに主体的に関わることができるというのも、サッカー部でスタッフをする大きなやりがいになっていると感じます。(MG)

A2.トレーナーは、テーピングやマッサージ、リハビリなどを通してプレーヤーのコンディション調整をすることが主な仕事です。チームの一員として知識を使い、一緒に戦いに参加できることにやりがいを感じます。普段の活動の中でも、ケガやプレーヤー自身が感じている違和感に対処し、それを乗り越え、試合で活躍する姿を見たとき、わたしもさらに頑張らなければいけないと意欲が湧きます。(TR)



Q. スタッフからみて、このサッカー部はどんなチームですか?

A1. プレー中は真剣だしバチバチしているけど、ピッチを離れればみんなワイワイしていて、オンとオフの切り替えがはっきりしているなと思います。体育会だから厳しい人とか意識の高い人の集団(って入部前の私はちょっと偏見を持っていました)、というわけではなく、みんな人間らしくて個性豊かな人が集まっている感じがします。(MG)

A2.オンとオフの切り替えがはっきりしているチームだと思います。ピッチ上では、みんな真剣に熱意を持って活動していますが、練習後は部室で仲良くワイワイしています。どちらの雰囲気もとても好きです。(TR)



Q. 新入生へ一言!

A1. まずは合格おめでとうございます!大学の4年間は本当に自由で、人の数だけ過ごし方があります。そしてこの4年間は、自分がやりたいこと、自分が面白いと思うことを、夢中になって追い求められる最後のチャンスだと思います。どうか自分の後悔のないように、全力で何かに打ち込んでほしいです。それが勉強でも、遊びでも、何か新しいことでも、バイトでも、なんでも良いと思います。でもここには、本気になって最高の仲間と夢を追いかけることができる場所があるということを知ってほしいです。それは入部してほしいから、というよりも、たとえサッカー部を選ばなくとも、サッカー部の魅力を知ってほしいし、好きになってもらいたいという思いがあるからです。そしてもし、無限の可能性の中でサッカー部を選んでくれるのなら、一緒に夢を追いかけましょう。グラウンドでお待ちしています。(MG)

A2大学4年間を通して、没頭できる何かを見つけること、それに熱意を持って取り組むことは、自分にとって価値のある経験になると思います。充実した4年間を送りたい方はぜひ一度サッカー部に来てください。グラウンドで待ってます!.(TR)